風呂

石鹸でいきいき暮らし生活

手作り温泉の風呂のページ


我が家手作り温泉の風呂



 

温泉の風呂に入りに行くのがとても楽しみな我が家は、家族でドライブの帰りにちょっと
近くの温泉の風呂によって帰るか〜なんて休みの日は、温泉の風呂を楽しむのが日課に
なっていました。子供が小さい内は親に付いてきてよかったものの、成長してくるのと
同時にドライブや温泉の風呂に、家族で出かけることが少なくなりました。

私としてはちょっぴり淋しいかなって気になったりします。
息子が野球をすると同時に、主人も野球のコーチにかりだされ、温泉の風呂に行くのより
私から言えば、「野球バカ」というか、息子も主人も野球の方に、温泉の風呂よりか夢中なんです。
温泉の風呂に入ると普段疲れている身体や気持ち的にも温泉の風呂でとても癒やされていましたし、
いい意味での気分転換とリフレッシュを温泉の風呂で満喫していました。

家族で楽しめて温泉の風呂に入れたらいいのになあ〜〜って思うようになり、家で温泉の風呂に
入れたら最高なのにと思い、色んな温泉の風呂を書いてる本を読みました。
そして、我が家手作り温泉の風呂ができまいた。


本格的な温泉の風呂とはほど遠いかもしれませんが、家族で我が家手作り温泉の風呂
を楽しでいます。最初では、もちろん我が家手作り温泉の風呂と言ってはなんですが、
家で温泉の風呂に入り楽しめるのは
市販の温泉の風呂のやつだけだよ!なんて家族に言われてましたけど、最近では私より、
我が家手作り温泉の風呂を、主人や息子が楽しみになって来ています。
それでは、我が家手作り温泉の風呂を紹介しますね。

@我が家手作り温泉の風呂、米ぬかの温泉の風呂

お肌にとてもいいと言われてます米ぬかの温泉の風呂で〜す。
 美肌によく健康的な素肌が保てて、保温や保湿効果、神経痛、生理痛、冷え症に効果的です。

・米ぬか1kg、木綿の布を20cm四方を縫い米ぬかを入れて閉じる。
 4リットルの水を沸騰させて、ぬか袋を入れて10分間煮る。
 それを風呂に入れる。そしてぬか袋も風呂に入れる。

A我が家手作り温泉の風呂、硬くなった筋肉をほぐすしょうがの風呂で〜す。
 スポーツでのトリーニングや野球の試合で硬くなった筋肉をほぐし、ねんざ、リウマチ
 そして身体の毛穴を引き締めて体から熱を逃がさない働きがあります。
 また、しょうがの風呂は風邪や冷え筋肉の痛みにも効果があります。

・新鮮なしょうがをザルにのせて、天日干します。しょうがの保湿効果が高まり、
皮膚に対する刺激が弱まります。干したしょうがをスライスしてネットか布袋に入れて風呂に入れる。
 1回の入浴で1片で大丈夫です。

B我が家手作り温泉の風呂、老化のお肌防止、体内浄化作用のある酒の風呂で〜す。
 酒風呂にすると表皮の毛細血管を刺激し、血管を拡張させて血行がよくなり、体内の老廃物
 をとり、夜尿症によく効ききます。肌をしっとりさせ冬でもお肌はツルツルでいられます。

 酒風呂に的しているのは日本酒とワインです。合成酒よりも醸造酒がより効果があるので
 醸造酒を選ぶようにして下さいね。ワインは赤ワインを選ぶと風呂の湯もほんのりと赤色になり
 ほのかな香りが楽しめます。ワインは皮膚のたるみを引き締める作用があります。

・38度位のぬるめのお湯にします。一般的な家庭の風呂で、日本酒は4合、赤ワイン750mlです。
 今日は、我が家手作り温泉の風呂酒の風呂、明日は、我が家手作り温泉の風呂赤ワインの風呂と
いうように楽しめますよ。よくかきまぜながら、ゆっくりと入ります。

C我が家手作り温泉の風呂、ミネラルたっぷり、自然塩(粗塩)の風呂で〜す。

 自然塩の風呂に入ると、身体の皮膚全体がミネラルの膜でコーティングされるので
 保湿効果が高くなり、温泉の風呂に入ったような体が芯から温まります。
 
 生理痛、神経痛、筋肉痛の痛みをやわらげる効果があり、頭痛や不眠の解消にも
 効果があります。またこりや痛みのある部分を塩をぬり軽くさすると血行がよくなり、
 さらに、シェイプアップの効果にもつながります。
 そして、自然塩(粗塩)の風呂によってアカも落ちてお肌がすべすべしてみずみずしさを保ちます。

・38度位のぬるめの風呂に、粗塩をひとにぎり入れます。
 よくかきまぜて入ります。

____________________________

お風呂は、はシャワーと違って、汗をかくことで不要な老廃物を取り除くことができます。肌をしっとりさせる皮膜の効果も高まるので美肌につながります。お風呂の水圧や浮力も、からだに影響を与えます。適度の水圧がかかることで、血液やリンパの流れがよくなり、循環器や肝臓の機能も高まります。浮力によって、全身の筋肉の疲れを癒すことができます。

ぬるいめのお風呂にゆったりつかると、体が温まって血管が広がり、血液の流れがよくなって全身の疲れがとれます。副交感神経の働きが活発になり安眠や快眠にもつながります。短時間シャワーで、単に体の汚れ落とすのと違いゆっくり湯船につかることで心も体もリラックスできるのです。普段から何度ぐらいの風呂に入っているのかよくわからないという人は、温度計でお湯の温度を測ってみて体温より少し高い38から40度が理想的です。足の方からかけ湯をしながら徐々に温度になれるようにします。
(温度計は、ベビー用品のお店で購入できます我が家では、子供達が赤ちゃんの時に使ったものを使用してま〜す。)
半身浴のお勧め
心臓や肺に水圧がかかる負担を避けることができるのでおすすめです。37から39度のぬるめの温度でゆっくりと体を温めながら,、20から30分ほどつかります。ゆっくりと体を温めながら血液は体を循環するのに約1分かかるので20分つかることで、血液は体を20回循環することになるのです。体の芯から温もり、湯冷めをしにくくなります。上半身が寒くなるのを感じる場合は、タオルをかけたりお湯をかけるといいと思います。額に汗がじんわりにじんで来るまでゆっくりつかります。半身浴は、精神的に落ち着かせてくれるので体の機能を穏やかに整える効果があるのですよ。
心身とものもリラックスして体の疲れが癒され薄い眠ることができます。毎日健康的に気持ちよく過ごしたものですね。

石鹸でいきいき暮らし生活」〜TOP

石鹸の種類を楽しむ

自分の時間を楽しむ

ウオーキングを楽しむ

ストレッチで体の血行をよくする

肩こりを予防する

日常生活の中で腰痛をやわらげる

ストレスを上手くコントロール

我が家手作り温泉の風呂
 
リラックスしながら自律訓練法を行う
 
水中ウオーキングを楽しむ

血液をサラサラに

コラーゲンについて

おいしいハンバーグ


生活習慣病は、明日は我が身かも?

日常生活で頭痛を対処

ダイエットケーキ

プロフィール

リンク集

リンク集2

リンクについて
我が家手作り温泉の風呂
Copyright(C) 石鹸でいきいき暮らし生活 All Rights Reserved